ひゅうが丼

津久見保戸島から伝わる伝統のソウルフード

ひゅうが丼は、明治時代から遠洋漁業の基地として栄えた保戸島の漁師が、漁の間に手早く栄養が取れるようにと考案された料理と言われています。
名前となっている「ひゅうが」の由来は風の音が「ひゅーひゅー」と聞こえることからなど諸説ありますがはっきりとは分かっていません。強い風の吹く船上でも火を使わずに食べられる伝統の料理です。
近年は「津久見ひゅうが丼」としてグルメイベントなどでも賞をいただいています。
PAGE TOP